SiteM&A Word
サイト売買用語集

チャイニーズウォール

チャイニーズウォールとは、本来「万里の長城(中国)」の意味ですが、インサイダー取引の防止策の1つで、1989年の証券取引法改正に伴い、同一企業内で情報の防壁を作ることを目的として証券界が制定した自主ルールです。
主に金融機関で使用されることが多く、反対に証券会社と銀行の間に設けられる情報隔壁のことを「ファイアーウォール」と表します。

お役立ち情報

※インサイダー取引とは?
インサイダー取引(内部取引者)とは、社内情報を知る者がその立場を利用して株価に大きな影響を与える可能性のある”重要事実”を知り、それが世間に公表される前に特定有価証券等の売買を行うことです。
TOPへ戻る