アフィリエイトとアドセンスを徹底比較!稼げるのはどっち?

2018.12.27

ブログやサイト運営で収入を得る方法として、アフィリエイトとアドセンスが有名です。どちらもサイト上に広告を貼ることからはじめる方法ですが、仕組みや稼げる金額は異なります。収入を得たいと考える以上、より稼げる方を導入したいですね。アフィリエイトとアドセンスのどちらが稼げるかという点だけでなく、自分のサイトの特徴や稼ぎ方に向いている方法を選ぶこともポイントとなります。それぞれの基本的な仕組みやメリット・デメリットなどを比較してみましょう。

1.アフィリエイトとアドセンス

サイトで収入を得る方法には、いくつかの種類があります。さまざまな手段や広告サービスがあるなか、導入している人が多いアフィリエイトとアドセンスの基本的な仕組みや特徴、両者の違いについて簡単に説明します。

1-1.アフィリエイトについて教えて!

アフィリエイトは成果報酬型と呼ばれる方法です。広告主とサイト運営者が登録するサービスへ運営者とブログの情報を送信し、広告主が出している商材のバナーリンクを選択します。リンクをサイトへ設置し、特定の商材にアクセスもしくは商材が購入された際に手数料として報酬が発生する仕組みです。ただし、アクセスもしくは購入直後に報酬が発生するわけではなく、広告主が承認したあとに報酬が確定します。

1-2.アドセンスについて教えて!

アドセンスとは、正式名称を「Google AdSense」(グーグルアドセンス)といい、クリック報酬型と呼ばれる収益化の方法です。グーグルが提供しているサービスであり、サイトに広告を載せてクリックされることで報酬が発生します。アフィリエイトとは異なり、商材を購入されるなどのアクションがなくても、クリックされるだけで報酬が発生する仕組みです。また、掲載方法もサイト専用のアドセンス広告コードをサイトのHTMLに挿入するだけであり、シンプルなことが魅力といえます。アドセンス広告コードは1つであり、商材の選択などの手間はかかりません。加えて、サイトの内容や、サイトを訪れた人のウェブサイト閲覧履歴などから、関連性や関心の高い広告が表示されるのです。そのため、クリックされやすく報酬が発生する確率も高くなります。

2.アフィリエイトとアドセンスそれぞれのメリット・デメリット

アフィリエイトとアドセンスは、同じサイト収益化の手段ですが、それぞれに異なる特徴を持つサービスです。しかし、特徴だけをみてどちらを選択すべきか判断することは難しいでしょう。そこで、判断基準の1つとなる、メリットとデメリットを見ていきましょう。

2-1.まずはメリットから確認しよう!

まずは、アフィリエイトとアドセンスそれぞれのメリットを紹介します。サイトのジャンルや稼ぎたい金額によっても、どちらが最適なのかは異なるため、どちらのメリットがより自分のサイトに合っているのかを見極めましょう。

1.アフィリエイトのメリットとは?

アフィリエイトのメリットは、1回の報酬額が高いものが多いことです。商材によって差がありますが、数百円~数千円となります。報酬額が高いため、サイトのアクセス数が少なくても報酬を得られる可能性があるのです。また、アフィリエイト広告を出している企業は多く、商材の数も必然的に多くなります。そのため、自分のサイトのコンセプトに合った商材を見つけやすくなっています。さらに、好みの商材を選んでから、サイトを作りあげていくといった楽しみ方もできます。

2.アドセンスのメリットとは?

アドセンスのメリットは、広告をクリックしてもらうだけで報酬が発生することです。自分の好きな記事を書いてアドセンス広告コードを挿入するだけであり、比較的簡単にはじめられます。アフィリエイトのように、広告を選択する作業や、広告主の要望に合わせたサイトの記事を作成する必要はありません。どのような広告を表示するかを細かく管理したり、広告主とのやりとりを気にしたりする必要はありません。収益化しながら、サイト作りに集中できることがメリットです。

2-2.デメリットも要チェック!

アフィリエイトは比較的稼げる金額が大きく、アドセンスはサイトの内容にこだわらずに報酬を得られる可能性があります。しかし、いずれの方法もメリットだけではありません。アフィリエイトとアドセンス、それぞれのデメリットを紹介します。

1.アフィリエイトのデメリットって?

アフィリエイトは、サイトのコンセプトに合わない商材を選んでしまうと報酬につながりにくいことがデメリットです。また、サイトに商材をアピールする記事を掲載できていなかったり、サイトそのものが商材の購入やサービスへの申し込みに誘導できない作りになっていたりというケースもあります。つまり、サイトのデザインや記事次第では、なかなか報酬に結びつかないのです。商材は自分で選ぶことも可能ですが、サイトのコンセプトと商材のコンセプトが合わない場合、広告主から掲載を拒否されることも少なくありません。

サイトのジャンルを特定していたり、掲載前に審査があったりというケースも多くなっています。アフィリエイト自体はサイトのアクセス数が少ない場合でも報酬を得やすいシステムですが、アクセス数が少ないサイトへの広告掲載を拒否されることもあります。商材や広告主によるところが大きいため、掲載したい商材が決まっているのであれば、事前に掲載条件を確認しておくことも大切です。

2.アドセンスのデメリットって?

アドセンスは、1回のクリック報酬額が数十円程度と低いことが最大のデメリットです。トレンドキーワードを盛り込んだ記事であったり、アクセス数が多いサイトでなければ、収入と呼べるほどの報酬額を達成することは難しいといえます。また、アドセンスにはグーグルが定めた「ポリシー」と呼ばれる利用規約があり、細かな利用方法などが規定されている点に注意しましょう。ポリシーの主な内容は、広告を配置する位置に関するものです。サイトの訪問者が誤ってクリックするような位置に広告を配置することを禁止しています。

さらに、スマートフォンでサイトにアクセスした際、最初に300×250サイズ以上のアドセンス広告が表示され、記事の本文を見るためにスクロールが必要な位置への配置も禁止です。ほかにも、プルダウンメニューと重なる位置、他サイトへのリンクやソーシャルボタンに近い位置や、ブログの画像と広告が連続する配置をしないことなども規定しています。ポリシー違反が発覚するとメールで通知されるため、確認したうえで改善しなければなりません。改善がみられなければ、広告配信を停止される可能性が高いです。

3.アフィリエイトとアドセンスではどちらが稼げる?

アフィリエイトの場合は報酬が高い設定のものも多いため、高収入を狙いやすいといえます。アドセンスは報酬額は低いものの、アクセス数を集められるのであれば高収入を狙える方法です。サイトに最適な方法を選べれば、どちらも稼げるチャンスはあります。

4.初心者向けなのはどっち?

サイトの収益化に向けた活動をはじめたばかりの初心者は、アドセンスのほうが利用しやすいでしょう。アドセンスは記事に挿入するだけであり、商材に誘導する記事を用意したり、基本的にはサイトそのものの作りを考える必要もありません。ただし、特定の商材をアピールできるような得意分野がある人は、アフィリエイトが利用しやすいケースもあります。

5.アフィリエイトかアドセンスか?選び方とは?

自分が運営したいサイトに合った商材がある人は、アフィリエイトが良いでしょう。サイトや自分の考えに合う商材がないのであれば、アドセンスを選択するといった選び方もあります。また、アフィリエイトとアドセンスの併用も効果的です。

6.自分に合う方法で稼ぐことが大切!

アフィリエイトとアドセンスにはそれぞれ異なる特徴やメリットとデメリットがあるため、どちらが自分にあっているか、比較・検討することが大切です。サイト収益化の手段として、サイトを購入して有効利用する方法が挙げられます。サイトを買うのならば、サイト売買サービスのReSite(リサイト 対象URL:https://ai-resite.jp/)がおすすめです。自分に合った方法で、サイト収益化を目指しましょう。