アドセンスでは稼げないのは本当?収益の仕組みと稼ぐポイント

2018.12.25

インターネットを利用して収益を得る方法の一つにアドセンスがあります。元手をかけずに始めることができるため、気軽に始められるのは良いのですが、苦労の割にはアドセンスではあまり稼げないという意見があるのは確かです。
そこで、この記事では、アドセンスを始めようと思っているが稼げないと聞いて実行に移すのを躊躇している人などを対象に、アドセンスで稼げない理由と稼ぐポイントを紹介します。すでにアドセンスを始めていてなかなか稼げないため困っている人も参考にしてみましょう。

1.アドセンスとは?稼げないといわれる理由

グーグルやYahoo!のアドセンスとは何であるか、なぜアドセンスで収益が発生するのか、その仕組みについて説明します。また、ブログやSNSなどではアドセンスは稼げないともいわれていますが、その理由についても紹介します。

1-1.アドセンスで収益が出る仕組み

アドセンスとは、自分のブログや自分が運営するサイトに、グーグルやYahoo!と提携している法人や個人の広告を入れることです。
さまざまなサイトを閲覧していると、画像や動画で食品や化粧品、自動車や電化製品などを宣伝する広告が挟まれていますが、それがアドセンスの広告です。

アフィリエイトとアドセンスの基本的な違い

アフィリエイトという稼ぎ方もありますが、アドセンスとは異なります。
アフィリエイトは、自分が宣伝して売りたい商品をブログや個人サイトで紹介をして、商品画像をクリックして購入に至ると商品やサービスの価格の何%かの報酬が得られる仕組みです。これを成果報酬型といいます。
アフィリエイトの広告主は商品を売ることが目的であるため、自社が販売する商品が売れたり、提供するサービスに登録したり利用されたりしなければアフィリエイトの収入は得られません。
しかし、アドセンスはサイトに訪れた人が商品を購入したりサービスを利用したりしなくても報酬が発生するところが、アフィリエイトとの大きな違いです。アドセンスの場合は、広告を見て商品やサービスを知ってもらうことが大きな目的です。そのため、購入や利用の有無に関係なく、広告の画像や動画をクリックしただけで報酬が発生します。また、広告の画面をクリックしなくても、広告が表示されてサイト訪問者の目に留まったであろう時間によって報酬が発生するアドセンスもあります。そのページで何度広告の画像や動画を見たか、どれくらいの時間をかけて見ていた計算になるかなどで報酬の発生額が変わるシステムです。
もちろん、広告の画像をクリックして宣伝のページに移動してもらうのが一番効率良く稼げます。

1-2.アドセンスが稼げないといわれやすい理由

アドセンスは商品を購入してもらわなくても、広告をクリックしてもらえれば報酬が発生します。あるいは、クリックしなくても見てもらっただけで報酬となるものもあります。これなら、アフィリエイトに比べて効率よく稼げそうな気がしませんか。

しかし、アフィリエイトは扱う商品価格やサービス料が高ければ高いほど効率よく稼ぐことができますが、アドセンスの場合はクリック報酬額があらかじめ低く設定されていることがほとんどです。購入に結びつかなくてもクリックするだけ、広告を目にするだけというハードルの低さが報酬額が低い理由です。

つまり、アドセンスで稼ぐためには、多くの人にサイトに訪れてもらう必要があります。そのために、PV(ページビュー)の数字を増やさなければなりません。しかし、この世の中にあふれている多くのサイトやブログの中から、どのようにして自分のページにたどり着いてもらうか、この方法をサイト運営者は試行錯誤しています。企業や個人に関わらず同じようなサイトやブログを運営しているライバルが多いなか、ノウハウを知らないままで新規参入することはかなり難しいです。
これが、アドセンスは稼げないといわれる大きな理由のひとつです。

2.アドセンスで稼げない理由1:精神編

他にアドセンスで稼げない原因のひとつとして、精神的にダメージをこうむり、続けられないため辞めてしまう、放置してしまう、撤退してしまう、などが挙げられます。どんなことが精神的にダメージを与えるのか、さまざまな体験談などからみていきましょう。

2-1.毎日1記事書くのは負担

アドセンスで稼ぐには、クリック単価が低いためできるだけ多くの記事をアップすれば、そのぶん人の目に触れる確率は上がります。
そのため、できるだけ更新の頻度を上げて、新しい記事が継続して増えている有益なサイトだと、検索エンジンやインターネット利用者に知ってもらう必要があります。アドセンス広告は、最低でも1日1記事は書いて更新するのが効果的です。
しかし、記事の内容が世間に対してあまり需要のないニッチなジャンルだと、人の目に触れる機会も激減してしまいます。

そのため、アドセンスで稼ぐことを目的とするなら、自分が興味のない内容の記事にもチャレンジして、調べながら記事を書くのもよくあるケースです。必要に迫られて、今までは無縁だったジャンルの記事や、旬な話題のトレンド記事なども書くことになります。
その結果、少しでもPVが上がれば、ますます苦手なジャンルの記事を増やさざるを得ない気持ちに追い込まれるのです。

自分が興味のあることは、考えなくてもどんどん文字が埋まっていくという人でも、興味のないことを毎日書き続けるのは苦痛に感じるのではないでしょうか。このように、毎日1記事書くのに負担を感じて更新頻度がだんだんと減っていき、結局いつまでたっても稼げないということになりがちです。

2-2.毎日継続しても収益が出ないので疲れる

たとえば、自分の苦手な記事でも毎日1記事ずつでもブログを更新していったとしましょう。
しかし、そもそも自分が興味のない記事というのは文面にもそれが現れてしまいやすいものです。どこかピントがずれていたり、内容が間違っていたりしても自分では気づけません。
読者が誤りを指摘するコメントなどを投稿していれば、一気にブログやサイトの信用度が落ちてしまいます。毎日苦労して書いた記事でも、なかなか収益が上がらなければモチベーションも下がってしまいます。苦労して費やした時間の割には収益が少なすぎること、収益が発生するまでにかなりの期間が必要なことなどから精神的に疲れてしまい、ブログやサイトを運営することが苦痛になる人も少なくありません。

3.アドセンスで稼げない理由2:テクニック編

アドセンスで稼げない理由として、タイトルと記事の内容が合っていないことがあります。情報を知りたいと思っている人は、調べたい語句で検索してタイトルや記事の説明文を見て、情報が得られそうな記事を選んでサイトに移動します。しかし、移動先のサイトを閲覧して自分のほしい情報が得られないときは、さらに他のサイトに移動してしまいます。つまり、タイトルと記事の内容が合っていなければ、読者は早々に離脱してしまうことになります。たとえば、「旅先で急な腹痛!その場でできる対処法は?」というタイトルを見て役に立ちそうだと感じて読み始めたとします。しかし、実際には「腹痛ではなく、頭痛に関する内容だった」という場合、読者にとっては肩透かしのように感じるに違いありません。そのサイトは有益ではないと、検索エンジンが判断してしまうこともあり得ます。そうなると、検索した際の上位表示も難しくなります。そのぶん、多くの人の目に触れにくいサイトになってしまいます。テクニック以前の基本的なことなので、タイトルと記事内容はしっかり合わせることが大切です。

3-1.タイトルと記事の内容が合っていない

アドセンスで稼げない理由として、タイトルと記事の内容が合っていないことがあります。
情報を知りたいと思っている人は、調べたい語句で検索してタイトルや記事の説明文を見て、情報が得られそうな記事を選んでサイトに移動します。しかし、移動先のサイトを閲覧して自分のほしい情報が得られないときは、さらに他のサイトに移動してしまいます。つまり、タイトルと記事の内容が合っていなければ、読者は早々に離脱してしまうことになります。
たとえば、「旅先で急な腹痛!その場でできる対処法は?」というタイトルを見て役に立ちそうだと感じて読み始めたとします。しかし、実際には「腹痛ではなく、頭痛に関する内容だった」という場合、読者にとっては肩透かしのように感じるに違いありません。そのサイトは有益ではないと、検索エンジンが判断してしまうこともあり得ます。そうなると、検索した際の上位表示も難しくなります。そのぶん、多くの人の目に触れにくいサイトになってしまいます。
テクニック以前の基本的なことなので、タイトルと記事内容はしっかり合わせることが大切です。

3-2.キーワード選定が間違っている

アドセンスは報酬単価が低いため、できるだけ多くの人の目に触れるよう努力することが大切です。そのためにはまず、サイトやブログの記事数を多くすることが重要です。
インターネットの利用者は、グーグルやYahoo!の検索エンジンを使って自分のほしい情報を調べる時に、調べたい語句で検索して最初に表示されるサイトから順に見ていくことになります。上位に並ぶサイトのほうが調べたい事柄の関連性が高いと判断するからです。その調べたい語句(キーワード)の選定も大切な要素です。一般的でないキーワードを選んでも、あまり検索されないため、検索してサイトやブログを訪れてもらうことは期待できません。検索されやすいキーワードをタイトルや見出しなどに使ったほうが、検索した際にヒットする確率は高くなります。つまり、マニアックすぎるニッチなキーワードはあまり需要がなく、アドセンスで稼ぐのは厳しいと言わざるを得ません。
検索されやすい需要のあるキーワードを選定したほうが、人の目に触れやすくなる可能性は高いです。

4.アドセンスで稼げない理由3:集客編

アドセンスで稼げないのは、PV数を増やすための効果的な集客ができていないことも一つの原因です。クリック報酬を増やすには「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」方式で、多くの人にサイトに来てもらうことが不可欠です。集客の観点からみてみましょう。

4-1.PV数が単純に少ない

アドセンスは、広告をクリックしてもらうか、広告を見てもらう必要があります。なるべく大勢の人に自分のサイトに来てもらえば、アドセンス収益を得られる確率は高くなります。つまり、PV数が少ないうちはなかなか報酬を得られません。多くの人に訪問してもらうには、サイトのジャンル、記事の書き方、画像の入れ方などを工夫して、読んでもらえるサイトにする必要があります。

4-2.サイト訪問者は多くても広告をクリックしてもらえない

アドセンスで稼げない理由として、サイト訪問者は多くても広告をクリックしてもらえないと報酬率は低いままということもあります。すでにサイトの読者が多い場合は、記事を読むことを目的にサイトを訪問しているため、広告のクリックはされにくいといえます。直接ページを訪問する人よりも、検索からサイトに来る人のほうがジャンルに関するライトユーザーも混ざっているため、広告をクリックしてもらいやすいのです。

5.ずばりアドセンスで稼ぐポイントとは?

今まで説明したアドセンスで稼げない理由を踏まえたうえで、どのようにすれば稼げるようになるのか紹介します。アドセンスで稼ぐノウハウを知って、効率よくポイントを押さえて継続した人こそが稼げるようになります。ぜひ実践してみましょう。

5-1.人気のあるジャンルの記事を書く

アドセンスで稼ぐポイントとして、人気のあるジャンルの記事を書くことが重要です。
世間ではどんなジャンルにアクセスが集まるのか、どんな記事が人気なのか、常にアンテナを張って情報を仕入れましょう。人気ジャンルは母数が多いので、アドセンスでも稼ぎやすいといえます。
ただし、人気ジャンルはそれだけ競合も多く、企業の公式サイトや権威性のあるサイトなどが上位に並ぶことも多いです。しかし、内容が良ければそれらのライバルサイトに太刀打ちできる可能性も十分に持っています。そのためには、人気のあるジャンルで、需要のあるキーワードを盛り込んだ記事を毎日書き続ける努力が必要です。

5-2.中身の濃い記事を書く

ちまたによく見られるありきたりな記事では、検索結果で上位表示されることは難しいです。
アドセンスで稼ぐポイントとして、適切なキーワードで中身の濃い記事を書き続けることが大切です。ほかのサイトで参考にした情報を直接載せるのではなく、自分の体験談や自分の言葉で文章を書くことが重要になります。

6.アドセンスは日々の地道な努力が大切

アドセンスは一朝一夕に結果が出る類のものではなく、日々の努力が大切です。
結果が出るまでは最低数カ月かかるため、すぐに諦めず地道に取り組みましょう。アドセンスに申し込むにも規定以上のまとまった記事数は必要です。
ブログを育てるのが大変な場合は、ReSite(リサイト)というサイト売買サービスで、すでに収益が出ている既存のサイトを購入し、効率よく収益化させる方法もあります。