アフィリエイトで稼げるアクセス数はいくつ?PV数を稼ぐポイントは?

2018.12.20

アフィリエイトはインターネット上で収入を得る方法として人気があります。アフィリエイトでの収入をアップするためには、ページの閲覧数を伸ばしていくことが大切です。ページの閲覧数を示す指標のことを、専門用語ではPV(Page View)と呼びます。アクセス解析を行えば、自分のページのPVは簡単にわかります。世の中にあらゆる情報があふれている中、自分のページのPV数を増やすためには、さまざまな工夫が必要です。
この記事では、具体的にどのような対策を打てばPVが増えるのかについて解説します。

1.アクセス数とPV数の違いを知ろう!

アクセス解析を行えば、自分のサイトやページがどのくらい人に見られているのかはすぐにわかります。簡単にいえば、そのサイトがどのくらい人気があるかということです。サイトの人気度を表す指標はいくつかありますが、ここではその代表的な指標であるPV、UU、セッションについて解説します。サイトのアクセス数という言葉を耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、PV数とはページビューのことで、アクセス数と基本的に同じ意味です。たとえば、1人のユーザーがサイト内で3ページ見たら3アクセス、つまり3PVと数えます。

PVと併せて知っておくと便利な指標がUUです。UUとは、ユニークユーザーのことで、サイト訪問者の数になります。1人がサイト内で何ページ見ても1UUと数えます。セッションとはサイト訪問者の数です。再訪問も1と数えますので、たとえば同じユーザーが午前と午後に2度訪問した場合は、2セッションと数えます。PVをメイン指標にする場合でも、UUやセッションも併せて確認しておくと、自分のサイトの特徴がよくわかります。

2.段階別に見るアクセス数の目標値を紹介!

は、具体的にどのくらいのPVがあれば、アフィリエイトとして一定の収入が得られるようになるのかについて、1日に目指すべきアクセス数について解説します。サイトを立ち上げた直後であれば、知名度がなければだいたい10PVほどですが、1カ月ほど経てば、30PVほどには増えてきます。できるだけ内容が充実した記事を毎日投稿していきましょう。毎日1記事、30記事ほど投稿することで100PV程度となり、かなり見られるようになったといえます。そして、このくらいのPVから収入が発生してきます。

100記事ほど投稿すると200PVほどになりますが、ここでアクセス数が頭打ちになっているのならばサイトの構造を見直す必要があります。たとえば、ユーザーが求める情報を得られやすくなっているか、関連情報のページに行きやすいか、サイト内を回遊しやすいかなどの点などで、作り方を再検討しましょう。そもそも、収益を生みやすいテーマ選定になっているかについても調査が必要です。この時点で問題が見つかれば、サイトを作り直すのも一つの手です。問題のある構造のままで記事を投稿し続けても、効率的ではないからです。1日のアクセス数が500PVに達すれば、収入もそれなりのものになってきます。5000PVにもなれば、アフィリエイトビジネスとしては、十分に成功の域です。

3.アクセス数に対してどのくらいの収入が得られる?

アクセス数が増えていくことで、具体的に収入もどのくらい増えるのかについて気になる人も多いのではないでしょうか。収入目標が見えればやる気も沸いてきます。ここからは、アクセス数に対して予測される月収額について説明します。

3-1.お小遣い程度の収入になる目安

副業として、お小遣い程度の収入を得るには、少なくとも1カ月に3000PVは必要です。アクセス数が3000PV以下の場合は、ほとんど収入は発生しません。あったとしても、0~数百円ほどです。しかし、1日のPV数が100を超えて1カ月のアクセス数が3000PVに達すると、数千円ほどの収入が発生します。数千円でも収入が発生すれば、もっと増やしたいというモチベーションにもつながるでしょう。

3-2.生活の足しになるくらいの収入を得る目安

アフィリエイトで、生活の足しになるくらいの収入を得たい場合は、1カ月のアクセス数目標を1万PV以上に設定することです。1カ月のアクセス数が1万PVほどになると、月の収入は数千~1万円ほどになります。アクセス数が3万PVほどになると、2万円ほどに増えます。毎月積み立てていけば1年で大きな買い物もできる額です。さらに、1カ月のアクセス数が30万PVほどになると、10~30万円ほどの収入が期待できます。

3-3.生活に十分な収入を得るための目安

1カ月のアクセス数が100万PVほどになれば、アフィリエイトだけで生活するのに十分な収入を得られるようになります。1カ月のアクセス数は100万PVほどになれば、月収は50~100万円ほどに膨らみます。さらに、アクセス数が300万PVほどになると、100~数百万円ほどの収入が期待でき、ここまでいくとかなりゆとりのある生活が送れるといえるのではないでしょうか。

4. PV数を上げるためのポイントとは?

V数を上げるためのポイントですが、大切なのはテーマ選びです。できるだけ検索キーワードの数が多いもので、たくさん記事を書くことです。長期的に需要がある検索キーワードを選ぶことで、安定したアクセスが得られやすくなります。世の中の需要に合わせて、トレンドの記事を書くことも大切です。トレンドがわかるビジネス雑誌などを読んで情報収集したり、感度を磨いたりといった努力も、ときには必要です。キーワードが選定できたら、タイトルはもちろん、記事の中にもできるだけキーワードを詰め込んで、検索にひっかかるようにしましょう。

ただし、キーワードを散りばめるだけでは不十分です。ユーザーに役立つ情報であることが大切です。内容が濃く、質の高い文章を心がけましょう。そして、そういった記事を毎日投稿することです。適切なキーワード、キーワードに沿った内容の濃い記事、更新性がPV数を上げる鍵となります。もちろん述べたように、収入が増えてくるのは、記事が蓄積してサイトが充実してからです。そこまでのサイトに育てるのには手間がかかります。収入を得るまでには、それなりの期間と手間がかかることは頭に入れておきましょう。

自分でそこまでのサイトに育てる時間が勿体ないという人には、すでに一定のPV数のあるサイトを購入するという方法もあります。サイトの購入に興味がある場合は、実績があり経験豊富なスタッフが揃っているReSite(リサイト)がおすすめです。リサイトであれば業界最安値の手数料なうえ、初めてサイトを買うという場合でも安心して手続きが行えます。

5. PV数が少なくても稼ぐことは可能?

中には、少ないPVで稼ぎたいと思っている人もいるかもしれません。結論からいうと、少ないPVでも稼ぐことは可能です。ポイントは次の2つです。まず、報酬が発生しやすい商材を選ぶこと、そして、単価が高い商材で、成約につながりやすいキーワードを選ぶことです。ライバルが少ないジャンルであれば、キーワードを検索したときにそれだけサイトが上位に表示される可能性も高くなります。もちろんそうなるためには、そのジャンルについての高い専門知識を身に付けておく必要があります。

一般のビジネスの世界においても、ライバルが少ないジャンルで高いシェアを独占して、高収入を得ている企業はたくさんあります。もちろんインターネットビジネスにおいても、これは有効な戦略です。特に、資格や特定のジャンルに関する専門知識がある人の場合は、メジャーなテーマではなく、自分の強みを生かせる商材がないか検討してみましょう。

6.アクセス数をアップさせて収入も上げよう!

アクセス数がアップすれば収入につながるチャンスも広がります。述べたような方法を取り入れながら、どんどんアクセス数を上げていくと効果的なアフィリエイトビジネスが実践できます。本格的にアフィリエイトで稼いでいこうと考えているのであれば、すでに売り上げが発生しているサイトを買うのも賢い方法です。サイトを買う場合は、サイト売買サービスで実績のあるReSiteを活用するのがおすすめです。個人間での交渉が難しいサイト売買も、ReSiteを利用すれば安心して取引を行えますので、興味がある人は検討してみてはいかがでしょうか。