サイト売買をする方法は?売却・買収の流れやポイントを徹底解説!

2018.12.13

新しい時代のビジネスとして注目を集めているサイト売買。
企業や個人が保有するWebサイトを商品として売買するもので、サイトM&Aと呼ばれることもあります。
サイト売買が盛んになっている背景には、Webサイトを経由するビジネス手法が確立され、高い収益を生んでいるという社会環境があります。
ここでは、サイト売買に興味がある、もしくはサイト売買をしたいと考えている人に向けて、サイト売買の具体的な流れや知っておくべきポイントについて解説します。

1.サイト売買の基本的な流れは?

サイト売買の基本的な流れは、まずサイト売買の専門サイトに登録し、買い手候補から声をかけられるまで待ちます。
次に買い手候補があらわれたら、サイトの収益やアクセス状況などを踏まえて、相手と商談を行います。
さらに、互いの合意が得られた時点で契約成立となります。
最後に譲渡契約書にサインして完了というのが一連の流れです。

サイト売買を行う際は、極力個人間の取引は避け、できるだけサイト売買の専門サイトや仲介業者を間に通すことをおすすめします。
というのも、サイト売買の際には、サイト運営に関する専門的な知識が必要となるからです。
また、具体的な形が見えにくいサイト売買においては、互いの理解や認識の相違が起きやすく、そのことを逆手に取った悪徳な業者が潜んでいるおそれもあります。サイト売買の専門サイトや仲介業者を間に挟むことで、こういったトラブルが起きにくくなります。さらに、個人同士の交渉では、互いの主張を直接ぶつけ合うことによって交渉決裂のリスクも高まります。冷静に安全に交渉を進めるためにも、専門サイトや仲介業者を置いておくほうがよいでしょう。

▼参考
webサイト売買のコツと売買成立までの7つのステップ

2.契約が決まった後の流れ

契約決定後の流れとしては、契約書にサインをしたあとで買い手が仲介業者に入金を行い、ドメインやサーバーなどサイト運営に必要なものの移転作業が行われます。そして、仲介業者から仲介手数料を差し引いた金額が売り手に入金され、晴れて契約成立の運びとなります。サイト運営に関して、あらかじめサポート期間を設定している場合は、設定した期間のサポートが必要になりますが、サポート期間が満了した時点で取引完了となります。

3.契約書を作成する方法

サイト売買の場合、双方の合意が得られた時点で契約書の作成を行います。
売り手・買い手の双方にとってフラットな契約書を作成する必要がありますが、これはなかなか難しいのが現状です。そのため、個人間の取引の場合では、契約書締結の段になって交渉が決裂してしまうことも少なくありません。
サイト売買初心者であれば、やはり仲介業者に代行作成を依頼するのが無難だといえるでしょう。サイト売買の専門サイトのなかには、弁護士同席を必須にしているところもあります。法律のプロであり中立的な立場で判断してくれる弁護士立ち合いのもとであれば、初心者でも安心してサイト売買契約を進められるでしょう。

4.サイトを移管する方法は?

ドメインの移管

1つ目は、ドメインの管理会社を別会社に移管して名義変更を行う方法、
2つ目は現在ドメインを管理している会社内で名義変更をするという方法です。

スムーズな譲渡手続きをするには別会社ではなく、現在管理している会社で名義変更するほうがいいでしょう。同じ管理会社内のドメイン変更であれば、手続き自体は数分程度で終了します。

▼参考
ドメインは譲渡できるって知ってた?売買をするとき知っておきたいこと

コンテンツの譲渡

1つ目は管理しているサーバーの名義変更をする方法、
2つ目はコンテンツのファイルやデータベースを別サーバーまたは別アカウントに移行するという方法です。

サーバー移行を行う際は、移行先に移行元と同じ環境を構築する必要があります。場合によってはファイルやデータベースを移す作業に大変な工数が発生する可能性があります。サーバーの名義変更で対応できる場合は、サーバー移行の手間を省けるため手続きによる負担はかなり軽減されます。

5.サイトを上手く売却するためのポイント

サイトをできる限り高値で、そしてスムーズに売却するためには、押さえておくべきポイントがいくつかあります。逆にいえば、それらのポイントを押さえれば、初心者でも安心してサイト売買に臨むことができるといえるでしょう。ここからは、サイトを上手く売却するためのポイントについて説明します。

良質な専門サイトを利用する

安心してスムーズに取引を進めるためには、質の高いサイト売買専門サイトを選んで利用することです。
ReSite(リサイト)では、売主様・買主様が安心してサイト売買ができる様に様々なサポートをご用意しております。
代表例として、つぎの4つのメリットが挙げられます。

1つ目は、経験豊富なコンシェルジュによる徹底的なサポートが受けられることです。
2つ目は、上場企業と業務提携を行っていることによる安心感です。
3つ目は、金銭トラブルを未然に防ぐためのエスクローサービスが整っている点です。

エスクローサービスでは、契約締結後、サイト譲渡前に買い手からサイト代金をReSiteが預かり、サイト譲渡完了後に、ReSiteから売り手にサイト代金を支払うという流れになります。
そのため、サイトを譲渡したのに代金が支払われない、あるいは代金を支払ったのにサイトが譲渡されないという問題の防止につながります。エスクローサービスは無料で提供させていただきます。

最後の4つ目が、3%という業界最安値の手数料です。

さらに、ReSiteでは着手金や中間金、相談料なども一切なく、案件が成約したときのみ報酬が発生する「完全成果報酬型」を採用しています。

ReSiteはサイト売買のマッチングサービスに特化した専門サイトです。
サイト売買が初めての個人事業主の場合でも、安心して付加価値の高い取引をご提供させていただきます。

※上記手数料3%について、2019年4月時点の成約件数100件突破キャンペーン適用。
※通常手数料率:5%
料金についてはこちら

安易な値付けをしない

売買を行う前に、入念に相場価格を調べたうえで慎重に値付けを行いましょう。
安易な値付けをしてしまうと、相場よりも安すぎる価格にしてしまったり、逆に高くしすぎて全く売れなかったりする場合があります。いつまでも売れ残っているサイトというのも印象が悪いものです。
売却する場合は、相場を把握したうえで適正な価格設定を行いましょう。

▼参考
サイト売買に相場はあるの?知らないと損をする取引方法

収益が見込める間に売る

サイト売買は、買い手が多い状況にあります。そのため、収益が見込めるサイトは売りやすいということを覚えておきましょう。逆にいうと、収益が見込める間に売ってしまうということが肝心です。完全に放置してしまってからしばらく経過したサイトよりも、売却時点で収益が発生しているアクティブなサイトのほうが、当然ながら売れやすくなります。
さらに、単発的な収益ではなく、継続的に安定した収益が生み出せるサイトであれば、高値で売却できる可能性も高いといえるでしょう。もっとも好ましいのは、収益がピークに達し、しかも安定している成熟期に売却してしまうことです。成熟期を過ぎて収益が下降線をたどり始めてからではサイトの価値が下がってしまいます。最適な売却タイミングをしっかりと見極めることが大事です。

買い手へのレスポンスを早くする

買い手があらわれた場合は、できるだけ早くレスポンスしましょう。
相手の購買意欲が高まっているうちに交渉や契約を進めていくことが大切です。レスポンスが遅れてしまうことで、買い手の購買意欲を削いでしまうだけでなく、買い手の関心がほかの競合サイトに移ってしまう可能性もあります。
ネットの売買では互いの顔が見えません。直接話をするという機会もほとんどありません。問い合わせに対するレスポンスの早さは、売り手の誠意や熱意を伝える唯一の方法ともいえます。販売を委託した場合は、仲介業者への連絡を怠らないようにし、回答が必要な場合は極力早めの対応を心がけるべきでしょう。

6.スムーズなサイト売買ができるようにしよう!

サイトをできるだけ好条件で売却するためには、押さえておくべきポイントがあります。
質の高い専門サイトを利用する、的確な値付けを行う、サイトの価値が高いうちに売りに出す、そしてレスポンスを早くするということが大事です。
紹介した流れやポイントを踏まえたうえで、賢くスムーズなサイト売買を行っていきましょう。

>>サイト売買を相談する<<
>>サイト売買が初めての方へ<<